上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
横浜市民広間演奏会の終了後、横浜元町に寄りました。
20年前に私が昭和音大に講師採用試験に合格、入職出来たお祝いとそれを記念に開催したリサイタルのお祝いを兼ねて戴いた大切なカップを、ごく最近うっかり割ってしまったからでした!
横浜駅周辺のデパートどこを探しても見付からず苦肉の策、、戴いた時の送り主からの会話の総てを手繰り寄せ、ハッと
思い、元町の老舗にたどり着いたのでした。
そのカップの送り主が
「これは元町にある老舗店のカップなんです。pianist西畑久美子をイメージしてチョイスしたのです。」 と言われたことを思いだしたので行ってみました。
美しい数々のカップの中、探していたものの、形や色、デザイン総てが全く同じ瓜二つのカップを見付けました!
静かに笑って、カップは「よく来たね」と言っているかのような錯覚すら覚えた瞬間でした!
「TAKARADA」 という元町の老舗店は、わざわざモデルチェンジをせずに、こうしてお客さまを待っているのですね(^.^)
亡き恩師である園田高弘先生がよく
「ドイツでは家具も銀食器も買った店に行けば修理が出来る。だから、傷んだら修理をしながらまた、使う。そうやって代々子孫が同じものを使い受け継いでゆくんだょ。そういう伝統は日本にはない。部品が無いから修理不可能、って直ぐに棄てる。文化とは次の世代に受け継いでゆくものだょ。」と話してくださっていたのを思いだします!正にドイツの伝統を実感した瞬間。
元町の老舗TAKARADA 万歳\(^^)/万歳

IMG00088-(1).jpg
2013.11.16 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kumikonishihata.blog12.fc2.com/tb.php/64-d6e05174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。